ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

『コロナ禍総括あり』【お客様の声166】インター校視察ツアー(MKIS、BSKL、IGB)

 ライター(writer):中野 記世彦 category : British, IGB, MKIS, お客様の声, マレーシアでの教育, 当社ツアー, 留学、語学学校、語学留学, 英語, 英語、留学、教育 

弊社の

不動産視察ツアー

マレーシア不動産視察、見学、内覧フルカスタマイズツアー  およびリクエストから始まりました

インターナショナルスクール視察ツアー

マレーシアインターナショナルスクール視察&見学ツアー クアラルンプールエリア  にご参加いただいたお客様の

生のお声をたびたびご紹介しています。

 

20210310_Ezez_voice_166

「大変お世話になりました。ネットなど他では知る事の出来ない情報もたくさん聞く事ができました。またツアーの手配、当日のアテンドもスムーズで有意義に時間を使い学校選定に大変役立つツアーでした。」

と、コメントと弊社スタッフのかわいい似顔絵を頂戴いたしました。

今回のお客様はマレーシアにお知り合いもいらっしゃってすでにかなり深いところまでインター校の事前調査等をご自身で済ませていらっしゃいました。
親御さんも英語がご堪能でしたので正直に言いますとご自身で学校を見て回れることも十分に可能だと感じたのですが、様々な学校を見てきた弊社の意見を聞きながら学校見学をしたいというご家族様のご意向で今回弊社ツアーにご参加いただきました。

この度は弊社ツアーをご利用いただき誠にありがとうございました。

 

ご覧の通り、コロナ禍ではありますが、政府のMCO(移動制限)要件も緩和されつつあり、就労ビザもしくはMM2Hリタイアビザなどですでにこちらに入国されているご家族を対象にインター校、学校案内は再開出来ております。

 

コロナ禍、今日のビザおよびインター校情報総括

 

今回はこのお話から。2021年3月30日現在、マレーシアの状況を箇条書きにします

 

●今現在もマレーシアは程度の差はあれ、全国でMCO(移動制限、行動制限軽度ロックダウン)実施中

●観光ビザでの入国不可。入国には労働ビザかMM2Hリタイアビザ既発行が必要

●ほかに、ビジネス目的なら短期滞在のみ隔離なしで入国できるようになった。が投資、契約書へのサイン、本格的ビジネス視察でないと許可されず、本来学校視察目的のグレーゾーンでの入国は現在はリスクが高いと判断している

●入学したい学校が決まっているのであれば多くの学校でオンライン入学試験、オンライン面接を実施し、必要な費用を国際送金を使い学校側に支払えば「学校からの入学受け入れ許可取得」自体は可能。

●そして、先日よりMOE(Ministry of Education、教育省)から俗に、MOE Letterと呼ばれる、教育省からの学生登録許可書が発行されるようになった(ただし発行には通常期比かなり時間がかかる)。

●通常ならこのMOE LetterをImmigration(イミグレ、入国管理局)に提出し、学生ビザでも生徒を受け入れますという学校であればイミグレから学生ビザおよびその後保護者ビザが発行され、晴れて入国可能となり、通学が可能になる

●しかしこのイミグレが観光ビザおよび学生ビザとその保護者ビザを発行ストップしている以上、1.学校が受け入れ許可を出し、
2.教育省がMOE Letterを発行しようとも、
3.のイミグレが入国許可を出さない
ので留学開始が出来ない。今はそういう状況。

——————

●インター校は総じてどこも1割程度生徒が減っている。外国人に関してはどの学校も多かった韓国人の減りが多い模様(彼らは学生ビザで来ているパターンが多かったので影響を大きく受けた)

●それ以外はローカル(マレーシア人)も外国人も同割合程度ずつ生徒数減少。

●例外数校以外はコロナの影響を加味し2020-2021年度学費は前年度据え置き。

●以前はPromotion(キャンペーン、割引)をしなかったような学校も軒並みなんらかの割引(願書私見費用免除、入学金免除、もしくはそれらの大幅割引、や、学費の割引)を実施し、生徒の獲得に尽力している

●西洋人、白人の先生が多い学校で本国に一時帰国していた先生もようやくほぼマレーシアへの再入国し、対面授業を再開している

●いくつかの学校では経営母体が変わることもあったが現在のところ、弊社の「インター校学費比較&地図」ページに掲載されているすべての学校で、休校、もしくは閉鎖されたというような情報は入っていない。

 

まだコロナが続く2021年春のKLエリア総括でした。

 

Mont Kiara International School (MKIS)

 

031721_IMG_0817_0002

もともとは米国式のカリキュラムでしたが現在はIBカリキュラムに移行しました。

 

031721_IMG_0820_0005_1

教員の大多数がネイティブでもともと米国式だったこともありアメリカ国籍の教員が多く在籍します。

生徒は映らないよう、配慮して撮影しておりますが今回訪問した3校、政府からの指示であるオンライン授業は終了し、生徒はリアルに学校に登校しています。どの学校でも明るく元気な子どもたちの様子が印象的でした。

031721_IMG_0829_0014

決して広々としたとは言えない敷地ではありますが全校生徒数が600−700人と多すぎず少なすぎずなので比較的余裕のある造りに感じます(KLで一番のマンモス校だと全校生徒数2000人くらい)

 

031721_IMG_0830_0015

他のIB校に比べると完全にIBに変更するというわけではなく、従来のアメリカ式の良さも残しつつIB式に移行していますとの学校担当者の説明通り、他のIB校とは少し雰囲気が違う印象を受けました。

 

 

The British International School (BSKL)

 

101619_IMG_0336_0167

Mont Kiara エリアから来るまで15分くらいの距離にあるケンブリッジ式の学校です。小学校高学年くらいから入学に必要な英語力のテストが一般的な日本人の英語力では少々苦しいので、日本人生徒は少なめです。過去にインター校に通っている、もしくは小学校低学年までにご入学いただくのがベターだと思います。

 

031721_IMG_0864_0048

 

ライブラリー(図書室)、食堂などは3箇所ずつあったり、施設の充実度はかなり高めです。

101619_IMG_0336_0167

 

こちらの学校も9割近くの教員がネイティブでケンブリッジ式の学校なのでやはりUK出身者が多いようです。

 

010617_DSCN8110_0006

今回行った3校はどこもそうですが、3校とも入学された親御さんの総合的な満足度は高いと思います。もちろんここはマレーシア、予想していないアクシデント、つまづきは親子ともにありますがそれも経験と、前向きにお考えの親御さんが多いように思います。たまたまかな?

031721_IMG_0855_0039

 

 

IGB International School

 

031721_IMG_0865_0049

IBカリキュラム一貫校です。クアラルンプールにはそもそもIB一貫校が少なく、こちらのIGBかもしくは近年米国式カリキュラムからIBカリキュラム一貫校に移行したMont Kiara International School 、そしてFairview (こちらはキャンパスが複数あります)の3校だけです。

 

031721_IMG_0878_0062

IBカリキュラムの特徴の一つとして教室のいたるところに成果物が掲示されています。自身でテーマを決め、調査し形にして発表する。小さいうちから能動的に取り組む姿勢を学びます。

 

031721_IMG_0896_0080

お子さんの知的好奇心をくすぐる教室の造りや教材の多さが特徴的です。とくにこの保育〜幼稚園(Firefly〜Kinder)は職業体験ブースのようなコーナーや、様々な文房具、素材、おもちゃ、教育玩具がそろっており、

 

031721_IMG_0888_0072

 

生徒がいる時間帯では常に皆が先生の管理下とはいえ自分の興味のある分野でそのときどきのテーマに沿った遊びであり探求をすすめている光景を見ることが出来ます。

 

 

 

 

ここが違う!ナカノプロパティー不動産&インターナショナルスクール視察ツアー

 

コロナ禍ではありますが政府およびMCO制限ルールのもと、学校案内は再開しております

 

ここでは書き尽くせない学校や不動産のこの9年での変遷も語れるのが弊社視察ツアーの強みです。

 

ナカノプロパティーの不動産&インター校視察ツアーは、物件の前を通るだけ、エリアを紹介するだけの他社様のツアーとは一味も二味も違います。実際に中を見ます。学校も当然ただの通訳ではありません。比較し、補足し、サポートします。代表中野が毎回必ず同席しますので訪問量、蓄積量が違います


日本の春、夏、冬休み、GW期間の学校視察、不動産視察は例年予約がすぐに埋まります。確実に視察予約を取りたい方は早めに申し込みもしくは日程確認お願いします。お子様、ご家族の人生を決める決断です。学校を休んでもいいのではないかと思う私です


不動産視察ツアー

マレーシア不動産視察、見学、内覧フルカスタマイズツアー


学校案内も創業直後からの弊社のメイン業務です。学校とそこに通えるスクールバスを理解し、KL中を知り尽くした中から住居も一緒に探せるのは弊社のみの強みであり、たくさんの直筆のお客様の声を、この創業8年超で頂戴しています。


インターナショナルスクール視察ツアー

マレーシアインターナショナルスクール視察&見学ツアー クアラルンプールエリア


代表中野が教育に関し東洋経済オンラインでご紹介いただきました。


今後共よろしくお願い致します。




いつもお世話になります。今回の記事がお役に立てましたら遠慮なくシェアなさってください(ただし写真の無断転載禁止)。


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2021 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top