ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

HOME » ブログトップ » 設備ほか » この記事

私にベスト南東向き

 ライター(writer):中野 記世彦 category : 設備ほか 

マレーシアは日本と同じ北半球

ですので、東から日が昇り、南に傾きながら最上昇し、西に沈んでゆきます。っということで基本的には日本と考え方は同じです。ですが違う点があります。それはこちらは緯度が日本とは違い赤道近くなので南に傾く正午頃でも日本ほど傾きがないのです。傾きがないということはどういうことか。つまり、ほぼ真上から日が差してくるのです。こう聞くと一瞬「とても暑そうじゃないか!」っと思いがちですが実際はこうです。

マレーシアの不動産、個人的見解、ベストは南東向き  マレーシアの不動産、個人的見解、ベストは南東向き

確かに真昼間に道を歩くと暑いです。常夏です(と言っても日本の真夏よりはマシです。湿度がマシなので。背中が汗びっしょりなんて人は日本の真夏ほど見ません)。ですが建物の中にいると日は真上から差し込んでくるので日本ほど部屋の中まで光が入って来ません

 

「南」向きと大きく違う「南東」向き

私の事務所は南東に向いています。なので、ちょうど廊下を挟んで向かい一列は北西向きです。私の友人で同じコンドミニアムの上層階に住んでいる人はこちら、北西向きの部屋に住んでいます。南東と北西、普通に考えると北西、つまり、南を含んでいない方角のほうが涼しいはずなのですが、我が友人の部屋はどうも私の部屋に比べて暑いのです。何度も泊まったことがあるので、一日二日の話ではないです。これを不思議にずっと思っていました。でも最近答えが出ました。では説明しましょう。

 

正午はその後と比較すると暑くない

正午ごろ、つまり日が一番上に上がる時間は室内にいる限りその後2-4時と比較すると暑くならないのです。というのも前述のとおりここは赤道近くなので、日はほぼ真上に上がります。正午頃はちょうど日が真上にあるので日本のように部屋の中に光が差し込んでこないのでそれほど暑くないのです。それと比較してその後2-4時のほうが、日も傾き、部屋の中に光が入ってきて、床を、部屋全体を温めてしまうのです。特に明け方は日本の田舎のように涼しく、北半球なので日本と同じ東から日が登ってくるのですが、南東向きは朝が苦手な人間にはちょうどいいぐらいです。南東に向いているということは正午頃には太陽はほぼこのビルのサイドに位置し、午後はビルの反対側を照らします。この時間が例によって暑いので何故か南東向きより北西向きの部屋が暑くなつのです。

私にベスト、南東向き    私にベスト、南東向き

あと、たしかに、この私の事務所の部屋はビルのヒサシ(ちょっとした出っ張りの構造物)があるので、ちょうど正午頃により日光が入りにくいです。多少それも影響しているでしょうが、なぜこの事務所がこんなに涼しいのかずっと謎だったのですが、最近それがわかった、というわけです。

 

我慢できるポイントを探すほうがいい

最近思うのですが、100点満点の物件なんてありません。利便性を追求すれば環境は悪くなりがちです。それなりの高級感、設備を求めれば当然お値段は高くなります。若干の良し悪しはあれど、不動産という市場はネット社会である今、多くの参加者によりほぼ完全に需要と供給がマッチングされ、驚くような魅力的な物件が驚くような価格で出ているということは絶対といっていいほどありません。これは日本でもマレーシアでも同じです。ですが同じく最近思うのは、我慢できるポイントというのを考えると「その人にとって」ではありますが、思わぬ掘り出し物を見つけれる場合があります。例えば、「汚くてもいい、古くてもいい」というなら結構他の条件がいい物件はあります。もしくは、「日本並に狭くてもいい」というなら、立地、セキュリティー、お家賃等、ご満足いただける物件はあります。

マレーシアの不動産、個人的見解、ベストは南東向き

それらに比べると、今日挙げた南東向きなんて条件はどちらかと言うとどうでもいい条件であると思います。電気代の安いこの国でエアコン、もしくは扇風機で事足りますし、日があたるというのは洗濯はもちろん極めて清々いものです。あまり神経質に何から何まで希望通りというより、「スーパーもあるし、緑も見えるし、ざっと見て問題点、ないじゃん」それぐらいのほうがいい物件にめぐり会えると思います。

 

ちょっとマニアックに方角について語ってみました。

 

 




いつもお世話になります。今回の記事がお役に立てましたら遠慮なくシェアなさってください(ただし写真の無断転載禁止)。


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2012 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top