ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

注意!マレーシアでのリンギ両替、ぼったくり?の時代が来た

 ライター(writer):中野 記世彦 category : 両替、銀行、口座開設, 通貨、経済 

追記 2016年11月11日

【日本の空港、マレーシアの空港のレート追記】

先日、日本に帰ったとき、マレーシアの空港と日本の空港(関空)で見たレートを追記としてここに記載しておきます。結論から言うと、アタリマエのことですが、空港のレートは悪い。日本の空港は更に悪い

マレーシアKLIA2空港 2016年11月3日

2016-11-03-18-12-18-2

上記、マレーシアでの両替所の表示は我々に馴染み深い1リンギ●●円、というものではなく、上の写真のような、100円は■■リンギ?という表示になっています。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、慣れればこちらのほうが分かりやすいです。

 

日本の空港の日本の銀行の両替所 2016年11月3日

69273-line

窓口の日本人の女性は多分「何じゃこの悪いレートはボ●!」っと口の悪い関西人にいつも罵倒されているのでしょう(笑)、両替所のこの女性のほうから「現地の街なかで両替される方がレートはいいですよ」っと身も蓋もない事を言われました。

こっちは分かりやすいですね。この見方では「あなたが1リンギ渡しますから29.91円支払ってくださいね」。逆に「1リンギ持ってきてくれたら19.71円支払いますよ」、、、そういうことです。上のマレーシアの銀行のような100円でいくら、の換算をすると100÷29.91=RM3.34(100円持ってきてくれたらRM3.34 リンギ支払いますよ(写真のAmbankならRM3.7支払ってくれるところ))、100÷19.71=RM5.07(RM5.07リンギ持ってきてくれたら100円支払いますよ(写真のAmbankならRM4.3で100円支払ってくれるところ)

私、この関空の日本の大手銀行の両替所を悪者にするつもりはありませんょ。山頂の缶コーヒーが200円するのと一緒。嫌なら両替しなきゃいいだけですからね。

 

【ここから本編】

最初お客様から言われたとき、「いやいや、このマレーシアでそんなボッタクリの両替所はないですよ」っと勢い余って答えてしまいました。でもあったんですねぇ、、、。詳しく説明します。

 

2016-09-21-13-24-20
偶然通りかかったKuala Lumpur クアラルンプール観光地Pavilionモール地下の両替所。ここは大丈夫

 

ここ2−3ヶ月、マレーシアリンギは低位安定?歴史上最低水準の超円高リンギ安が続いています

そんな中、弊社で不動産契約を頂いたお客様が

「両替レート30でしたよ!●●●●(大手人気モール)で、かなり悪かったです。」

っとおっしゃるもんですから、先程の繰り返しとなりますが

「いやいや、このマレーシアでそんなボッタクリの両替所はないですよ」

っとKL定住5年目の私が答えてしまったのです、、、。

 

まずは以下の写真の見方を説明します。日本円の両替の場合、一般的な

1リンギ(RM1)=いくら円?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-19-07-54

というよく見るこのような為替チャートの表記ではありません。マレーシアの両替所の表記は

 

1000円=いくらリンギット?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-19-08-39

という表記になります。(注意:下の写真撮影時と上のスクショ撮影時は2日誤差があり。後述参考)

 

2016-09-21-13-24-44
偶然通りかかったKuala Lumpur クアラルンプール観光地Pavilionモール地下の両替所。ここは大丈夫

 

というのも、このマレーシアの両替所は近隣アジア、オセアニアの観光地の両替所に比べるとマレーシアリンギットの両替手数料は断然安いです。

この40.2と40.7の中央値、40.45がいわばこの撮影日時現在の市況でして、

「そのRM40.45の市中相場からリンギに交換するのも、日本円に戻すのも上下0.6%程度の手数料で両替しますよ、、、、」

 

そういうことです。わかります?

参考までに上の写真のレートの見方は、1,000円で両替、1,000円に両替できる金額です。

 

少ない方の数字の40.20が「1,000円出して貰えるリンギットの金額」

多い方の数字の40.70が「1,000円に両替してもらうために必要なリンギットの金額」

 

と理解してもらえれば間違いないです。このマレーシアの0.6%程度の手数料が一般的なアジア、オセアニアの観光地では最低でも1%、ひどいとこだと上下数%ずつ手数料をもぎ取るなんてことはザラにあります。

 

ちなみに観光地からは結構離れた若干ローカル風ショッピングモールの両替所の、、、、

2016-09-16-19-18-18

そのマレーシアリンギットのレートは、、、

2016-09-16-19-17-54

リンギ買い(円→リンギ)のレートがちょっと悪く39.60、上下の中央値から考えると上下1.3%の手数料を取っていることになります。ここは少しレートが悪いといえます。

 

このお客様が体験したリアルな驚きマレーシアリンギレート、、、

話をもとに戻します。つまり今、だいたい1,000円出すと今日現在、RM40前後もらえるのですが、それが前述のお客様は

「両替レート30でしたよ!●●●●(大手人気モール)で、かなり悪かったです。」

とおっしゃるもんですから、それはないですよ、、、っとなったわけです。

他の国ならありえるかもしれませんが、ここマレーシアではないと私は思いました。というのも、私は、最近でこそ円とリンギを両替所で両替する行為自体減りましたが、数年前までは仕事で紹介することもあり様々なエリアの様々なモール、商店街の両替所でのレートを見てきたのです。恐らく100軒以上は見たと思います

だから

 

「1,000円出して40リンギほどもらえる今この市況で25%も少ない30リンギしかもらえない両替所なんて見たことない、聞いたことない!」

 

と思ったのです。、、、でも、、、あったのです、、、そんな両替所が、、、この我が愛するKuala Lumpur クアラルンプールに、、、。正直ショックでした、、、。そして速攻その方にSMSし、謝りました。「あなたが正しかったです、ごめんなさい」っと。

 

ではナカノプロパティブログお約束の前置きが長くなりましたが、その両替所を今後の皆様のためにもシェアします。

 

まさかのPublika パブリカでした、、、

場所はご存知、超有名ショッピングモール「Publika パブリカ」にある、両替所です。

 

2013-11-10-13-50-45

たぶん、今日現在パブリカの両替所は1軒しかないのでわかると思います。細長いパブリカの中央地下一階にあたるのかな?クリーニング屋横、エスカレーター前のこのお店です。

2016-09-16-18-08-25

目を疑いましたが本当でした。

2016-09-16-18-08-38

アップ画像。もし30.00のところが40.00で 「40.00:40.15」ならまぁ辻褄があうので店員さんに「30.00は40.00の間違いじゃないの?」っと若干意地悪な確認の質問をしましたが30.00で間違いないとの回答でした。

2016-09-16-11-20-41

 

おことわり

ことわっておきますが、この両替所の肩を持つわけではないですが、この両替所がやっていることは違法ではありません。他の国の観光地の両替所ではここまでひどいレートはなくとも上下10%ぐらいの両替手数料を取るところはいくらでもあります。嫌なら両替しなきゃいいんです。そういう自己防衛、自己責任意識は海外に住むには必要です

 

私が、私自身へも含めて言いたいのは「マレーシアにも著しくレートの悪い両替所もこうしてまれに存在するよ」ということを今回の記事では伝えたかったのです。

 

実は、この両替所、交渉すれば一般的なレートまで引き上げてくれるボスらしき人?もいるそうです(弊社顧客住人様談)。「交渉しなきゃボッタクるのかい!」っといいたいところですが、、、。

 

publika-g2-645x478

 

こんなに平和で大好きなパブリカショッピングモールなのに、、、。

 

あとがき。両替<時間を大切に

ここからは私の個人的見解

ご覧のように1,000円出してRM40.20もらえるレートのいい両替所とRM39.60しかもらえない二つの両替所を紹介しました。100万円、1000万円両替されるなら当然大きな差がでてきますが1万円両替で、RM402 とRM396の差、つまりRM6(150円)、たった150円しか変わらないのです。まぁだいたい一回の両替はカードも使えるこの時代、2−3万円程度じゃないですか?そうなると300円−450円程度しか変わらないのです。

観光で、もしくは視察で来ていて数万円程度両替するために24時間×数日しかないのに、貴重な時間を仮に数時間以上その両替行為だけで移動して潰してしまうなら、私はそれはとてももったいないことだと思います。

そう思いませんか?

 

さすがに25%も「もし騙されて」手数料取られたら、もちろん怒り狂いますけどね(笑)

 

 




いつもお世話になります。今回の記事がお役に立てましたら遠慮なくシェアなさってください(ただし写真の無断転載禁止)。


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2016 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top