ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

自動付帯、利用付帯、理解してます?海外(マレーシア含)でクレジットカードでの医療費補償

恥ずかしながら7年マレーシアに住み、こんな素敵な「日本発行の」クレジットカードの補償があるなんて知りませんでした。

 

自動付帯、利用付帯でクレカで長期間、旅行者以外でも医療費補償!

 

できるんですよ。知ってましたか?日本発行のクレジットカードには自動付帯と利用付帯という2つのルール、2種類のカードがあります。私も知りませんでした、、、。

 

さらに、本人以外の家族も一人、年会費も無料で補償の対象になる!

 

そんなカードもあります。私のカードがそうでした。これも知りませんでしたよ。

では解説していきますね。

まずはこのしょぼい私のイラスト、御覧ください

 

credit_card_riyou_futai_jidou_futai

 

クレジットカードで海外旅行時の医療費を保証してもらえるというのはなんとなく知っていましたよね?

私も先日使いました。クレジットカード持ってて助かった−!っと思った瞬間です。薬ももらえてお金も払わず「お大事に、お気をつけて(さようなら)」、、、、楽でしたねぇーーー

 

では改めて上記イラストをみながら、、、。クレカの海外旅行時(長期滞在者含む)の付帯保険(クレジットカードを持っていれば無料でついてくる保険)には2種類あります。

 

 

 


 

自動付帯:

そのクレジットカードを持っているだけで出国時から90日間、自動的にその権利が発生するもの。なんの手続きも不要。

 

利用付帯:

そのクレジットカードを利用してはじめて補償される権利が発生するもの。飛行機のチケットや、現地での交通費の支払いなど、何らかの支払いをして初めて権利が発生するもの。具体的にはKL Sentral駅他の鉄道駅どこでもそのクレカできっぷを買えばその日から90日間OK!

 


 

 

重要:クレジットカードはこの2種類があります。手持ちのそのカードは自動付帯かも知れませんし、利用付帯かも知れません。限度額が50万円しかないものもあります。自動付帯権利を得るためにはそのカードで航空券を買う必要があるカードもあります。後に紹介する「本人と家族補償付き」もあります。詳しくは必ず自分のカードの詳細を確認ください。

 

 

ですので、ざっくり説明すると

自動付帯のカードと利用付帯のカードを2枚持てば最大180日カバー。一枚あたり上限200万円補償されるカードが多いです。アメリカや欧米の医療費は高額で有名ですが、マレーシアの医療費はざっくりですが日本と同じくらいですので、よほどのことがなければこの200万円でこと足ります。たまに言う「盲腸他になったらうん百万」とか、「歯科治療は範囲外」とかありますがその時は緊急日本に帰ればいいのです。そんなのレアケースです。私の年齢なら特に、、、ね。

 

そして多くはキャッシュレスなのです。そこが便利なんです。

 

クアラ・ルンプールの日本人通訳さんにも確認済み

いまや、日本人看護師もしくはフルタイムの日本人通訳がこんなにたくさんの病院で活躍しているマレーシアの首都、クアラルンプールです

日本語可の病院 @マレーシア クアラルンプール近郊&地図付き!」で紹介している病院のうちの一つで、もう6年も勤務しているベテラン日本人スタッフさんに確認したので間違いないです。「利用付帯ならそのクレカでKL Sentralかどこかの駅で切符を買えばいいんです」これはその方に確認しました。年配のリタイヤの方はこれらクレカの自動付帯、利用付帯を巧みに利用し、複数のカードで上限補償額を倍々に増やしてこちらの任意の民間の健康保険に入っていない人も多いそうですよ。

 

そうそう、「エポスカードは永年年会費無料で海外旅行傷害保険が【自動付帯】されるので使ってる人多いですよ!」ってその通訳さんが教えてくれました。エポスカードの公式サイトはこちら 。

 

もちろん、クレジットカード会社はこれらをバンバン利用してほしくありませんから各カードごとに色々細かなルールがあります。たまに落とし穴があるわけです。それらをしっかり理解してください。

 

「海外滞在 利用付帯 条件 裏技」でググってみるとこういう検索結果が出ますので上位サイトでより詳しくご確認ください。

 

家族もタダだったのか!!

そしてもう一点、私のクレジットカードの盲点がありました、、、。

10119975995292

私の日本のクレカは、ごらんの、MUFG Premio(プレミオ)というクレジットカードで、もう15年ぐらい前でしょうか、取引先の付き合いで作らされたカードです。当時、「永年年会費無料だからお願いだから作って」っと依頼されて作りました。もう新規発行されていないそうですが、以下、説明を理解していただくために、このカードがどんなものなのか、あとで「ゴールドカード比較の達人」様のこのページでご確認しながら御覧ください。あなたのカードがどんな特典があるのかの確認にもこのサイト、おすすめです!

 

「家族特約」はないが、「家族会員」は一人目無料、、、つまり!

 

先程の「ゴールドカード比較の達人」さんのページを良く見ていただいたら分かりますが、このカードは、海外旅行保険の「家族特約」はありません。つまり普通に私がこのカードを持っているだけでは私の妻はここマレーシア滞在時の病気や怪我は補償されません。

ですが、妻は「家族会員」にはなれまして、その追加年会費は無料なのです。つまり、家族会員になればれっきとした一人の会員で彼女のカードが発行されますので、私と同じ補償の対象者にグレードアップされるわけです。

これを本日、先程知りましたので、そしてこのクレカのお問い合わせセンターで確認しましたのでこうして情報シェアしました。

妻には基本審査はありません。私の口座から引き落とされるわけですから。これで一つ安心が増えました。

 

妻も空港ラウンジも使えるおまけあり!

 

2018-02-04 19.57.52

さらに、以前の私の記事、「知らなきゃ損が2点!エアアジアで(関空から)クアラルンプールへ飛ぶあなたへ」でも書きましたとおり、今後は彼女と一緒に、もちろん「無料で」この関空の空港ラウンジ他、日本国内各地の提携空港ラウンジをお互い無料で使えるようになるわけです!

 

 

その他、主な「大事な」注意事項!

 

● 旅行者、長期滞在者、移住者、誰でも適用可能!

● ただし、突発的な病気、事故のみOK(日本にいたときからの持病などは対象外!

● 行きたい病院、評判のいいその病院がそのクレカの補償対象病院か事前に確認して

● 基本的にどの病院もこれらクレジットカードに関係なく日本の健康保険対応可。日本の医療適応範囲と同じ、例えば3割負担の人は後に7割返金されます。が、一旦全額自分で支払う必要あり。手続きが超めんどくさい。事前に市町村が指定するフォーマットを入手しその医者、病院が対応できるか確認しておかないと診断書対応出来ない場合まれにあり。

 

今回の記事は特にシェア歓迎です

基本的にいつも弊社の記事はシェア歓迎です。

どうぞ海外在住の家族、お友達、旅行に頻繁に行くあの人にもバンバンシェアしてくださいね。

 

 

 

 




いつもお世話になります。今回の記事がお役に立てましたら遠慮なくシェアなさってください(ただし写真の無断転載禁止)。


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2019 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top