ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

マレーシアの車の運転

 ライター(writer):中野 記世彦 category : マレーシア,  2012.11.3

2014年8月15日追記:ブログ記事を追加しました。

このマレーシアで

「日本人営業マン(レディーから)」【取材】マレーシアで「日本語で」車 Myvi マイビー を購入する(お顔登場)

「日本語で」

「もちろん現地価格で」

購入が可能となりました。詳しくはこちらブログ記事【取材】マレーシアで「日本語で」車 Myvi マイビー を購入する より

実は

こちらマレーシアの運転に関する私の意見はちょっと違う

今日はその点について書きたいと思う。

そんなに危険運転だらけですか?

こちらマレーシアで運転をしたくないという日本人は多い。自分で運転するようになるまでは、やたらと周りから「こちらの運転は荒いから気をつけて」とか、「こちらの運転は他の運転手のマナーが悪すぎて怖くて出来ない」とか聞いていた。

でも、自分で運転するようになって、正直、「???、そんなに運転荒いかな?」っと思うようになったのである。これはあくまで比較論なのであるが、私が生まれ育った大阪近辺は、一般的に運転のガラが悪いと言われる。大阪を運転していると、割り込みをされたり、駐車禁止の場所の駐車はもちろん、縦列駐車ではなく、並列駐車が稀にあったりもする。うん、でも、たしかに駐車のマナーは、こちらは大阪より明らかに悪い。こういう発展途上国では、「モラル」なんていう生易しいものに頼るのではなく、「罰金or刑罰」というもので、人々を統制するべきものではあるが、超都心エリア以外での駐車禁止エリアで、いわゆる駐禁で捕まるということがあまりない。日本では税収増を狙ってか、ちょっとした郊外の町でも駐車監視員がしょっちゅううろちょろしているが、こちらはそういう人をほぼ見ない。罰金を取られる確立が低いこともあるし、駐禁の罰金がたった30リンギ(750円ほど)なのだ。

2012/11/05追記:罰金の金額は都心ならRM300、田舎ならRM10等、様々あるようだ。雨なら基本取締はなくなり、晴れた日の昼前11時から3時頃が危険らしい。何れにしても駐禁には注意しましょう。

さらに警察で「今お金が無いから、、」とか、それこそ「妻が病気で、、、」なんていうと、まけてくれるらしい(もちろん新車のメルセデスではそうは行かない)。物価対比で比べても明らかに安い。さらに駐禁ではいわゆる点数を引かれないらしい。点数が引かれる違反とは、重度の過失(人をはねたり、何かを大破させたり)の時のみだそうだ。

停めるところがなんやかんやとある

このように一つの目安である駐車禁止に関しては車社会を容認しているのもあるせいか、そこら中に路上駐車されている。でも、道路脇が広かったり、どこか裏道なり、お店の前なりにスペースがあったりするのでそれが原因で表の道が車線がふさがっているということはあまりない。大阪近郊ではしょっちゅうあるのに、、、だ。なので私にとってこの点では日本よりマシ、、となるのだ。

 

やはり民族性

次に、これは人々の性格によるところが大きいのだろうが、そんなにスピードを出す人がいない。ぼろくてスピードが出ない車も確かに多いが、大阪と比べると、似たり寄ったりの印象。我々と同じ農耕民族はどうもスピードに関して同じセンスがあるように思う。スキー競技とか、スノボのジャンプとか、あるいはF1とか、どうも白人系、狩猟系民族はスピードのスイッチが数本飛んでるのではないかと思うときがある。アラブ系はどちらなのか、その議論はさておき、ドバイの運転手の飛ばし方、スピードの出し方は半端じゃなかった。タクシーの運転手は120kmぐらい平気で出す。一番ひどい時は140kmぐらい出してた記憶がある。さすがに私もあの国では運転したくないと思った、、、。大阪と比べてもどちらがどうと思うほどの差を感じない。スピード監視カメラがあちこちに設置されているからか、道路のあちこちにボコっとした突起が設置されていて、そこでスピードを緩めるので、細い道でばかみたいに飛ばしている車はあまり見ない。大阪ではよく見る

 

ブーーーー

最後は、クラクションの鳴らし方だ。これは大阪と他都市では明らかに違うように思う。大阪では、誰かが割り込みをかけると、割り込みをかけられた側が、クラクションを「ブーーーーーーーーーーーーーーーーーー」っと延々鳴らす輩がいる。もちろん殆どの人は「ブーーー」ぐらいなのだが、たまにいるのだ。傍から見ていると、「これ、喧嘩になるよ、、、」ってほどのクラクションを鳴らす人がちょくちょくいて、実際、「何じゃおりゃ~、喧嘩売ってんのか!!」っとばかりに揉めることも他都市に比べ多いと思う。

インドもそうだったし、ドバイもそうだった。クラクションの鳴らし方が、ひどい。ほんと「相手がその筋の人なら間違い無く降りてきて喧嘩になるよ、、」ってぐらいクラクションの鳴らし方がひどい。

それに比べてマレーシア。ちょうど今日、高速の料金所でまごつくことがあったのだが、後ろから「プッ」、、、、これぐらいで抑えてくれる。赤信号の間に何かをしてて青になったのに気づいてない時も、後ろからの合図は「プッ」、もしくは「プー」程度である。これらは要するに民族性に関わっているもので、何度かこのブログでも書いたかと思うが、基本的にイスラム教の人(ムスリム)は気性はおとなしいのだ。

 

なので正直、私個人的にはこちらの運転が荒いとかは感じたことがない。実際、マレーシアは車社会なので車がないと不便することが多く、既にこちらに住んでいる多くの日本人は車を所有しているし、自らの意志で運転している人がわざわざ、「あー、こっちの運転は荒いから運転したくないよ」なんてことは言わないだろうし。

 

上記は私の個人的な感想です。何れにしても安全運転に越したことはありません。ちなみに私は高速道路では多くの車に追い抜かれていくタイプです。

 

2014年8月15日追記:ブログ記事を追加しました。

このマレーシアで

「日本人営業マン(レディーから)」【取材】マレーシアで「日本語で」車 Myvi マイビー を購入する(お顔登場)

「日本語で」

「もちろん現地価格で」

購入が可能となりました。詳しくはこちらブログ記事【取材】マレーシアで「日本語で」車 Myvi マイビー を購入する より

 




いつもお世話になります。今回の記事がお役に立てましたら遠慮なくシェアなさってください(ただし写真の無断転載禁止)。


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2012 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top