ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

マレーシアでお金を支払ったら領収書(Receipt)をもらう。無理な時の対処法教えます

 ライター(writer):中野 記世彦 category : お支払い、鍵引渡し, マレーシア, 生活、食事、文化, 部屋を借りる 

 

日本でもそうですが、マレーシアだと、いや、海外だとお金を支払ったのに支払っていない、、、書類を渡したのに受け取っていない、、、そういうトラブルがまぁまぁ起こります。

 

マレーシア人は比較的民度が高いので受け取ったお金、書類等、受け取ったことを覚えているのにわざと「まだ受け取っていませんから、ください」というような人はあまりいません。悪意はなくても忘れいてることは多いです。そういうトラブルに見舞われないよう、生活のコツ、いや、もうこれはビジネスのコツとも呼べる技をお教えします。

 

必ず領収書をもらおう、渡した証明を残そう

 

弊社不動産賃貸経由で入居頂いた方に口酸っぱく言うのは「家賃をオーナーの銀行口座に支払ったら、何らかの支払った証明を残してくださいね」ということです。複数の不動産物件を持っているオーナーは自分自身が●年●月分の家賃をどの部屋からもらっていて、■年、■月の家賃はもらっていない、、、ということがわからなくなるオーナーもいるのです。そんなときに、自分で自分の身を守らないと余分に請求されてしまいます。

現金振込機(Cash Deposit Machine)から送金(支払い)すれば、日本と同じく、ご覧のようなレシートが出るので支払った証明は残ります。(参考まで:「マレーシアでの現金(cash)での銀行ATM振込の仕方」)

2017-02-02 13.42.50-1

ですが、急にオーナーさんに今月だけは現金で手渡しで家賃を支払わなくてはならなくなった場合や、その他何らかの支払いのときに支払った、支払わない、と、揉めないためにも何らかの証拠を残しておきましょう。

 

無理なら写真を残そう

 

今日、弊社のお客様の賃貸不動産の入居でした。契約日すぐに入居できず、最初の一ヶ月が経ってしまい、入居日その日に未払いである入居2ヶ月目の家賃をその場で現金で支払いましょうという段取りがすでに組まれていました。ですので今日、現金でオーナーに直接その家賃を支払うことになったのですが、オーナーさんは領収書(領収証、英語ではレシート(Receipt)という)を持ってきていませんでした。想定内です(笑)。弊社のアドバイスとして、「じゃあ、オーナーさんにその現金を持ってもらって、支払った証明として写真で残しておきましょう。」となり、以下のような写真を残しました。

 

WhatsApp Image 2020-02-11 at 11.46.26_1

 

ちょっとこのオーナーさんの顔へのモザイク、薄かったかな(笑)。透けて見える通りのすごくいいオーナーさんで紹介した弊社としても今回は特に安心でした。

 

これ、マレーシアではままあります。ですのでご覧のように顔を写しても全然嫌な顔をしません。でも顔はちょっと、、、という人もいます。でもその場合は指輪や時計なども写すなどして誰に渡したかが自分にも相手にもあとからでもわかるようにしておきましょう。払った、払っていない、という最悪のケースを防ぐためにこうして記録を残しています。写真に残しておけば顔を映さなくてもほとんどの人は支払った、受け取ったことをその後もしっかり覚えています。ですから顔を写していなかったからと言って「これは俺じゃない!俺は受け取っていない!」なんて言い出すことはまずありえませんのでご安心を。

この、写真を撮って記録に残すパターンは、現金を渡すときもそうですが、大事な書類を相手の会社のスタッフさんや代理人、言葉は悪いですが下っ端さんのスタッフに大事な書類を渡したりするときにこの写真で記録を残すことをよくやります。こうしておけばまだ社会人経験の浅い若いスタッフも「あ、この書類は大事なものなんだわ、写真も残しちゃったし、間違いなくボスに渡さなきゃ」、となるわけですね。

 

 

もしくはメモを残そう

 

もしくは、手元に何らかの紙と書くものがあるなら、手書きでもいいのでお手製レシートをぱぱっと作っちゃいましょう。

 

WhatsApp Image 2020-02-11 at 16.46.50

 

これ、実は今この記事を書いているスタバのレシートの紙の裏です。なんでもいいんです。そこに

 

Receipt(レシート)と書き

例えば支払った金額がRM5000なら、日本と同様、数字とともに文字でも残して最後は「Only」を入れる。

誰から受け取ったのか、つまりfrom のあとに支払ったあなたの名前を書く、ここでは「Kiyohiko Nakano」

次にいつ支払ったのかは大事なのでここでは11 Feb 2020

そしてあなたが支払った人の名前をName: Ichiro Suzuki という感じに書き、その鈴木イチローさんに右下にサインを貰って完了。

 

つまりこのサイン以外の段取りはあなたがしてあげて、相手は現金を受け取った(あなたが支払った)証拠として、サインだけしてもらい、あなたはこの簡易領収証をあなたが保存しておく、、、、こういう流れですね。レシートのフォーマットは色々あるのでこれはあくまで一例です。シンプルな英語での領収証の一例ですね。

ほんと言うと、Description (但し書き)のような項目を追加し、「Feb 2020,  A-11-11 Nakano Condo rental(2020年2月分の A-11-11ナカノコンドミニアムの家賃として)」のような項目を記載してもいいですがそこまでする必要はないと思います。自分と相手が後でもめないようにするにはこの程度で充分でしょう。うん百万円、うん千万円レベルの支払いはオフィシャルなしっかりしたレシートを貰いましょうね。

 

弊社のお客様でも過去に

 

家賃を払ったのに受け取っていないと言われた、、、、

学校のビザ更新費用を学校の受付窓口に子供が現金で支払ったのに受け取っていないと言われた、、、

 

など、

 

いつ、どこで、誰に、いくら支払ったのか、、、を証明できるものを残していれば防げたトラブルは少なからず起こります。

 

そんなトラブルを避けるためにも今回の記事、参照くださいませ。

 

 

 




いつもお世話になります。今回の記事がお役に立てましたら遠慮なくシェアなさってください(ただし写真の無断転載禁止)。


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2020 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top