ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

Home » 【概要】クアラルンプール(KL)

【概要】クアラルンプール(KL)

どうしてマレーシアなの Why Malaysia? にて、マレーアシア不動産の概要をお伝えしましたが

ここではマレーシアの首都、私が物件をご紹介するクアラルンプールをご紹介しましょう。

人口

クアラルンプール及び周辺経済圏をクランバレーと言いますが、クランバレーの人口は約650万人(追記:2014年10月現在 750万人)。2020年には1000万人を突破しそうな勢いで人口増加しています。

理想的な形の人口ピラミッド、マレーシアの人口は約2,800万人です。  一方日本の人口ピラミッドは尻つぼみ、、、

左の理想的なピラミッド型のマレーシアに比べ、右の国は、そう、日本です。

親日家の多いマレーシアおよびクアラルンプール

敢えて二番目にご紹介したいのが、このクアラルンプールの親日度合いです。街で日本語で声をかけられることはよくあり(いかがわし売り子等を除く)日本語を勉強しているマレーシア人も多く、私が旅した20ヶ国の中でも日本のインフラ、サービス、電化製品に対する信頼は高いほうであると実感します。ちなみに写真は年一回パナソニック工場で開かれる盆踊り大会2012です。

Kuala Lumpur 盆踊り大会2012 マレーシア人はとてもカメラが好きで撮られることが好き。特に親日家が集まるお祭りです  彼ら、全員マレーシア人です。この日の盆踊りは信じられないくらい多くの人が。

食事

私が最初に来た2005年に比べても日本食の普及には目をみはるものがあります。現地化が進んだ証拠でしょう。街にはすし店、和食居酒屋、レストランを散見し、スーパーには以前では考えられないほどの日本食コーナーの充実度です。

ミッドバレーメガモール内イオンスーパーマーケットのジャスコは寿司だけで、カウンターが埋まっている  ちゃんとした和食もお手頃な価格で食べられます

英語

英語はマレー語とともに公用語はありますが稀にタクシーの運転手で英語が通じない人がいます。ですが、都会であるクアラルンプールでは英語が通じないことはほぼありません。逆に言うとマレー語を使う必要のあるシチュエーションがまずありません。なのでいっこうにマレー語を覚えません、、、、。

学校

日本人学校はもちろんございます。小学部、中学部とで合計600人ほど在籍しており、比較的大きな規模で日本語ベースでの日本人による教育が施されています。詳しくはこちら、日本人学校のあるスバンエリア紹介ページにて御覧ください

クアラルンプール日本人学校正面玄関  中学部(中学校)、マレーシアらしい緑豊かな芝生と校舎

最近人気の母子留学等、英語学習を目的とする留学先の受け皿となるインターナショナル校も多数ございます。欧米留学に比べ、格安で留学が可能であることやフィリピンは銃社会が心配とおっしゃる方に地震の影響もあり近年、人気が急上昇しています。

Mont Kiara International School モントキアラインターナショナルスクール  Garden International School ガーデンインターナショナルスクール

 

インターネット

現在では日本国内でも無くてはならないインターネット。海外生活では日本とのやり取り(Skype等)、情報を得るには必須条件でもあるインターネット環境ですが、その点でもクアラルンプールは下手すると日本より便利な状況です。

まずは町中を散策する中でスターバックス、マクドナルド、オールドタウンコーヒー全店で無料WiFi(無線LANインターネット)完備されており、 その他ローカルなカフェ、レストランでもかなりの割合でWiFiが使えます。ショッピングモールはもちろん、ある程度の規模の商店街なら必ずといっていいほど、無料WiFiが利用できる店があります。
日本以上に日進月歩で進歩しており2005年に初来馬した際に比べると雲泥の差で、いまではインターネット環境、インフラはほぼ日本と変わりません。ちなみに私は現在「YES」という日本で言う「Emobile」のようなモバイルルータータイプのネット回線を使用しています。(高層階20階以上では使えない)

2012年4-6月期 マレーシアの世帯ブロードバンド普及率はクアラルンプールで112.1%(世帯平均平均1つ以上のブロードバンド回線があるということ。ペナンが83.4%)

気候

マレーシアは常夏です。一年中気候に大きな変化はありません。下記表をご覧になると「結構暑い」とおもわれる方も多いかと思いますが、日本の夏に比べ空気が乾燥しており快適です。もちろん真昼間に炎天下を歩きますと暑いですが、夜間、朝方は涼しく、ルーフィングファン、もしくは扇風機で十分快適です。私はまだクーラーを入れたことがないですし、同様にクーラーを家では入れないという日本人の方が多いです。

 

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
クアラルンプール最高気温323333333332323232323131
最低気温222223232323232323232323
降雨量(mm)159154223276182119120133173258263223

 交通手段

クアラルンプールはマレーシアの首都だけあり、電車等の公共交通機関が発達しています。多くの日本人が当地で車を所有していますが、車がなくてもこれだけ発達した交通網ですので電車、タクシー等でも都市生活をエンジョイできます。

タクシー料金も物価同様格安でクアラルンプール都市交通の中心、KL SENTRAL 駅からKL市街地のはずれである当事務所までもRM15-20(375円-500円)ほどで来ることができます。(メータータクシーを利用。金額交渉、ボッタクリに要注意)

その他、御存知の通り、格安航空のエアアジアの本社はここ、クアラルンプールであり、当地から、アジアの主要都市へは考えられないほど格安料金で気軽な旅を楽しむことができます。

 

そんなクアラルンプール主要エリアの特徴を詳しく見る

215_200_bangsar_damansara_area_banner

.

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2012 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top