ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

HOME » ブログトップ » エリア別詳細情報 » クアラルンプール?セランゴール州?違いは?
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

クアラルンプール?セランゴール州?違いは?

 ライター(writer):中野 記世彦 category : エリア別詳細情報 2017.12.11

 

本日 2017年12月11日、在馬6年目の私、諸々追記、若干の修正しました。

 

こちらにきて約一ヶ月、
ぼんやりしていたクアラルンプール、および、マレーシアの地名の区分をしっかりさせたい。
これは案外、来てすぐの人はわかっていないのではないか。自分もそうだったから。
では、特に日本人間の会話に出てくる地名の、8-9割を占める
●クアラルンプール Kuala Lumpur いわゆるクアラルンプール
●モントキアラ Mont Kiara 日本人駐在員さんのあるある居住地。高級地
●アンパン Ampang クアラルンプールの東。インターナショナルスクールあり。日本人も。
●PJ、もしくはプタリンジャヤ Petaling Jaya お金持ちエリア有り。日本人も。
●スバン、もしくはスバンジャヤ Subang Jaya 日系工場エリアの横。日系工場関係者さんのベッドタウン
●バンサー、もしくはバングサ Bangsar 白人系外国人が多い。日本人も。
そして最後に
●セランゴール(州)、要するに、これらを含む、日本で言う「県」、ですね
これさえわかれば、ほとんどの日本人はどこかにいます。だいたい分かります。
ではまず、はじめに。

 

●クアラルンプールとはどこなのか?何処までを指すのか?

一般的にクアラルンプール(Kuala Lumpur)、や、KL(ケーエル)等と言われているエリアは、
もちろん、KLCCや観光地でも有名なブキビンタン(Bukit Bintang)、を含む市街地、
でも何処まで何かが曖昧。
そのまえにクアラルンプールを正確に言うと
Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur やそれを略して W P Kuara Lumpurなどと呼ばれます。
正式名称は「連邦領クアラルンプール」と呼びます。厳密には州ではありません。この連邦領という連邦直轄領はこのクアラルンプール Kuala Lumpur とラブアンLabuan とプトラジャヤPutrajaya の3つがマレーシアに存在します。
ではKLを地図で見てみましょう。
クアラルンプール Kuala Lumpur
この赤くかこまれたエリアが、いわゆるクアラルンプールです。

マレーシアの13州と3つの連邦領の関係は詳しくは以下のWikiページにて
https://ja.wikipedia.org/wiki/マレーシアの行政区画

 

 

そして、良く聞く

●モントキアラとは

モントキアラ Mont Kiara
こんな感じ、クアラルンプールの左上、北西の小さなエリアですが、
そこに高層高級コンドが密集しています。今もたくさん立ち続けています。
●アンパン
には、日本領事館もあり、インターナショナルスクールもある、
モントキアラに並ぶ高級住宅街を含むエリアです。
地図で見たらここ
アンパン Ampang
結構南北に広いですね。
ではつぎ、
PJとよく呼ばれるエリアで

●ペタリンジャヤ

PJ プタリンジャヤ ペタリンジャヤ Petaling Jaya
空港からのバスが、KLセントラル駅行きとともにこのエリアにある
ワンウタマという高級ショッピングモールにつながってるぐらいです。
門でかこまれたエリアがあり、その入り口をガードマンがチェックする一戸建て住宅街も
ここにも存在します。地のお金持ちさんが多いエリア。
そして、
●バンサー、もしくはバングサ
と呼ばれるエリア。ここはGoogle map上ではここです、っと定義されているエリアは出ませんでしたが
地図のマークの付いてる左側、ちょっと、そのあたりが、バンサーです。
バンサー Bangsar
で、ちょくちょく話題に出てくる、スランゴール、という言葉は
州のことでして、これらを含むエリアなのですが、
クアラルンプールは、上記のごとく、特別行政区なので
あと、あらたに首都機能移転中であるクアラルンプールの南、
空港とのちょうど間に位置するエリアが、プトラジャヤと呼ばれるでそちらも
特別行政区ゆえ、スランゴール州には含まれず、
下記の地図のように、スランゴール州の中に、クアラルンプールと、プトラジャヤが
ぽっかり穴が開いている形になります。
スランゴール州 Selangor セランゴール州

拡大するとこうなります

改めましてセランゴール州とは

【緊急速報】 セランゴール州の不動産の外国人最低購入額が200万リンギに (3)

この赤で囲まれたエリアがセランゴール州でして、

いわゆる皆が言うクアラルンプール、(Kuala Lumpur、KL)と呼ばれるエリアは正確に、そして厳密に言うとこの青いエリアです。

拡大しますと

【緊急速報】 セランゴール州の不動産の外国人最低購入額が200万リンギに (2)

このようになります。

つまりクアラルンプールとはセランゴール州の中にある特別領、特別州なのです。セランゴールの中に島のように位置していますがセランゴールとは全く別の州とお考えください。

 

ですが一般的にこの地図でPJもAmpangもSubang JayaもKL近郊なので、「どこから来たんですか?どこに住んでるんですか?」と聞かれると「I’m from KL」となるわけですね。東京ディズニーランドが正確には千葉にあるのに東京と表記されている、甲子園球場は正確には兵庫県なのに大阪と思われている、、、それに近いですね。

 

クランバレーって聞いたことある?

Klang Valley クランバレーという表現があります。日本語に訳すと、Klangの谷、クラン盆地、そんな感じでしょうか?このKLおよびKL近郊都心部を一般的にクランバレーと言います。なので、このKL都心部の人口を表す場合「Population in Klang Valley」と言ったりします。
これで完璧に、クアラルンプールとはどこまでを指すのか、
ほか、よく聞く地名が、何処を指すのかが、理解できたのではないでしょうか?.


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ 火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2017 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top