ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

HOME » ブログトップ » 不動産, 物件内覧, 生活、食事、文化, 部屋を借りる » マレーシアでの内覧ご予約はお早めに
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

マレーシアでの内覧ご予約はお早めに

 ライター(writer):中野 記世彦 category : 不動産, 物件内覧, 生活、食事、文化, 部屋を借りる 2012.12.8

 

 部屋、すぐ見れないの?どうして?

マレーシアでは今日はもちろん、明日物件が見たいからといってなかなかその日、次の日に物件が見れるというわけではございません。

簡単に言うと、物件の鍵を基本的には不動産屋が持っていないのです。

もちろん持っている物件もありますがごく一部でして、ほとんどの物件は、内覧希望日の数日前に「●月■日に、あなたの物件を見たいといっている貸主候補の方が居らっしゃるんだけど、見せてもらえますか?」っとなるのです。

そしてその日に貸主であるオーナーが同席し、鍵を開けて一緒に内覧するわけです。借主の予定を確認し、貸主の予定を確認し、日程調整して、更に双方の予定を前日もしくはその日に再確認し内覧に望むわけです。

どうしてこんなに面倒なんだろうと思いますが理由は簡単です

 

 理由は?

マレーシアではほとんどの物件で家具が全て入っているのでオーナーはエージェントと言えどやたらと入れたくないわけです。別に家具があろうがなかろうが部屋に入れたらいいじゃないかというのは日本人的発想で、いろんな人種、いろんな国籍の不動産エージェントがいる以上、中には悪さをする輩も出てきます

  

 

エージェントもそうですし、借主候補のお客様もそうです。外国人の中でも悪名高き●●●人や、▲▲▲人の内覧者は内覧中にコソ泥が如く、部屋の備品をポッケにイン、なんてことが十分起こりえるのです。なので日本ほど鍵を預ける習慣が浸透していません

 

最適な内覧予約のタイミングは入居希望日の直前から1ヶ月前に

このような理由から内覧ご予約はお早めにお願いしたいのですが、逆に早すぎてもオーナーも困るわけです。入居希望日=契約希望日の2ヶ月も3ヶ月も前に部屋の内覧に来られ、仮にその場で決められたとしても入居は2−3ヶ月後なわけです。日本なら待ってくれる大家もそれなりにいるかとは思いますが、景気のいいマレーシアでは断られることも多いです。ですので内覧をご予約される際は、部屋を借りたい直前(一週間前ほど)から1ヶ月ぐらいまでで予約されることをオススメします。

 

メリットもある。オーナーがいるので交渉がスムーズ

 

もちろんいい面もあります。オーナーが同席することが多いので当然交渉ごとは直接出来ます。目の前のオーナーが首を縦に振ればそれで即オッケーなのです。日本語が通じて、さらに悪者役をかって出れる私(もしくは当社のスタッフ)がいるのですから、言葉や常識が通じないことをいいこととしてジャンジャン欲しい物を要求していただきたいのですが、一般的に言われるように日本人様は交渉が苦手なので私が思っているほど、皆様いろいろな条件を貸主オーナーに伝えようとしません。もちろん「それは求めすぎですよ、、、」っと言う時もありますがそのあたりは一緒にオーナーの顔色と同コンド他部屋の相場等を見つつ私がお伝えします。絶対に欲しい条件(○○インチのテレビ、ベッド、レンジ、等)をメモっておくのもいいかもしれません。そしてまずは交渉のベースは家賃です。これらを肝に銘じておきましょう。

 

ただ常識が違うだけ

話はそれますが、今日明日見たいからといって日本と同じように即部屋が見れないというのはもちろん借主様や我々にとっても面倒な事ではあります。ですが、上記のようにオーナーが同席するのでメリットもかなりあります。国が違えば常識が違う、日本で通用している常識がマレーシアでは通用しないだけです。

例えば私は日本人様相手の時はかなり約束の時間にはストイックですが、現地人との約束は多少遅れても連絡すればいいというこちらの常識に乗っかるときもあります。だって、こちらの渋滞は時間によってはとんでもなく、10分で着くところが1時間かかるというポイントが多々あるのです。現地人相手なら許してあげるし、私も許してもらいます。遅れるのを連絡しない輩も多いですがもちろん私はします。そこは日本人としてのプライドですね。この国でもどこの国でもそうでしょうが、郷に入れば郷に従えでその国の常識に乗っかるゆとりがあれば海外での生活も楽しいものになるかと思います。最後は余談でしたね。失礼。

 

 

 


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ 火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2012 マレーシア不動産のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top