ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

HOME » ブログトップ » マレーシア, 物価, 通貨、経済 » 最新 2016年マレーシア経済 日本比(人口ピラミッド、リアルなKL体感比)
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

最新 2016年マレーシア経済 日本比(人口ピラミッド、リアルなKL体感比)

 ライター(writer):中野 記世彦 category : マレーシア, 物価, 通貨、経済 2016.6.13

まずは四の五の言わず、数字から見てみましょう。

マレーシアの首都Kuala Lumpur クアラルンプールに住む私の実感、体感は最後に

さて、今回この記事を書こうと思ったきっかけはこれ

 

マレーシアと日本の政府総債務残高GDP比の推移

賢明なうちのブログの読者さんなら以下の折れ線グラフ、見たことありますよね?財政破綻したギリシャや破綻寸前のイタリアより日本はGDP比232.4%とダントツで高いこのグラフを。

グラフ引用元

債務残高の国際比較(対GDP比)

マレーシアを調べてみたくなり、、、

ちょっとアホみたいな表現にはなれど、できるだけわかり易い表現で伝えるこのブログ。これはどういうことかというと、2016現在、日本は収入に対してその232%の借金をしているということ。人に例えると貴方の家の一年の給料が●●●円しかないのにそれを返そうと思うと2年ちょっとずーーーっとタダ働きで返していかないと返せませんよ。ということ。

債務残高の国際比較(対GDP比)数値

 

この表で、一番低いドイツの最新2016年の「75.0%」という数字を覚えておいてくださいね。

 

日本のニュースではまず見ない、対マレーシア比は?

グラフ引用元

国債比率比較

 

スクリーンショット 2016-06-13 19.25.04

每年微増傾向にあるものの、マレーシアは健全ですね。マレーシアの政府債務残高比率は自主規制として55%に設定していますのでそこを大筋守っています。

 

 

次に

最新の人口ピラミッド、マレーシア&日本比較

スクリーンショット 2016-06-13 14.46.30

 

グラフ引用元

方や日本は

スクリーンショット 2016-06-13 14.46.55

というように、マレーシアでは一番のボリュームゾーンである25−29歳のレンジが日本ではすでに減少気味、更に下の世代にどんどん先細っていく状況です。「今日時点」でね

 

ってことはさらに、、、

 

15年後のマレーシア日本比較

このブログの読者の多くの方が30代から40代、あと15年後ぐらいには今5歳前後のお子様が成人する、そんな方が多いのではないでしょうか?ということで2031年で比較を

スクリーンショット 2016-06-13 14.50.35

その時マレーシアはこんなに下太りな形を維持。60歳以上に占める面積なんて小さなものです。

右の人口の推移のグラフを見ていただいたらわかりますがマレーシアはまだ2031年ででも人口は増加傾向にあります。が、かたや日本は、、、

スクリーンショット 2016-06-13 14.50.10

一方、日本はというと15年後は55−59歳がピークとなり60代以上の面積も巨大。働く人口ではない20歳以下のボリュームも合わせると、働き手世代の面積が15年後どれだけ小さくなるか容易に想像がつきます。右の人口の推移は、、、、まだまだ滑り台を降りていくまっただ中ですね。

 

マレーシア&日本、GDP比較

GDPとは、ごくごく簡単に言うと、モノ(食べ物、自動車など)、サービス(美容室、金融など)を含めてその国の人がどれだけの金額のもの、価値を作り上げたかということ。

日本の実質GDPの推移(1980~2016年)

日本がバブル崩壊の1992年頃からダラダラ微増を繰り返している間に、、、

マレーシアの実質GDPの推移(1980~2016年)

マレーシアの鬼のような右肩上がりったら、、、。もう石油、ゴム、天然ガス、パームオイル等一次産品だけに頼るマレーシアではありません

 

 

 

もうちょっと数字とのにらめっこに付き合ってください。もうすぐ在馬代表中野のリアルな体感を述べますから、、、

 

 

そのGDPの成長率推移は?

そのGDPが前の年に比べて上がった?下がった?その割合はというと、、、

経済成長率の推移(1980~2016年)

マレーシアはだいたい5%ずつ以上をキープし成長し続ける中、日本はゼロ%の線あたりを行ったり来たり、、、、。

 

 

数字はもういい?リアルなマレーシアはどうなの?

ということでここからは、こちらに定住してからでも丸4年住んでいる私の実感をお伝えしましょう

 

GST 6%の消費税が去年導入されたが、、、

ご存じの方も居るかもしれませんが、マレーシアでは昨年4月からGST(消費、サービス税)がいよいよ実施されました。0からの実施でした。

日本は最初3%でしたよね?マレーシアはいきなりの6%スタートでした。私の実感としては駆け込み需要明けの実施後の2週間ほどの土日のショッピングモールは確かに日本の土日のショッピングモールのようで(平日じゃないですよ、土日ね)ひっそりとしており、若干マレーシア経済とそこに出店している友人を心配しましたがそんな心配はなんのその、次の月からはいつもどおりごった返すモールに戻っていました

2014-12-04 18.17.57

参考までに。ここ、そのKL3大モール「以外の」モールの平日

それよりもどちらかと言うと、昨年末から続く原油安、リンギ安の影響のほうが若干強いかもしれません。と言っても同じくショッピングモールの客足が目に見えて減っているかというとそう感じるほどではありません

 

不動産価格は下がっています。間違いないです

2016-04-24 16.09.55

と言いながら本職に話を戻すと、KLの不動産における賃貸市場、売買市場は何度かブログで書いているかもしれませんが今日、2016年6月13日現在でもまだ弱含みです。このKL近郊、KLCCエリア、および私の主戦場、日本人駐在員エリアのメッカ、モントキアラも5%ほど賃貸、売買共に安くなっています。と言ってもすべてというわけではなく、高級物件ほどたしかに下落気味ですが、逆にショッピングモール横、スーパーマーケット横などの好立地なコンドはほとんど影響を受けていないどころか値段を上げているコンドもあります。

 

 

若者人口もGDPも右肩上がりですから

モールは若者で溢れかえっています。給料は物価上昇率以上の6−8%ほど每年上がっています。7−8年前、出張ベースで来ていた時には、若者が一杯600円から1000円するような日本のラーメンを食べる姿なんてほどんど見なかったのが今や若者だらけですよ。不動産も若干の不況とはいえ、それはみなさんにとってチャンスです。更に今、超リンギ安(円高)ですからね。そういえば思い出したのはローカルの不動産エージェントで今、この不動産エージェント業から転職する子(子と表現したのは比較的若い子が多い。私は年齢では古株)はほぼ見たことが無いです。マレーシアも1−2年毎のジョブホップは当たり前なのですが、、、。まぁ、そういうことです。

20150312_2015-03-12 19.22.03_0016 20150312_2015-03-12 19.43.34_0023

満を持して二度目のマレーシア進出に大成功&支店拡大中の吉野家&はなまるうどん。以前はちょっと高級だったこれら牛丼&うどんも、もう彼らにとってはチープデイリーフードです。日本価格よりちょっと高いです。彼らマレーシア人はデフレ脱却できない日本に行って更に安いのを見るとびっくりするでしょうね。

 

 

マレーシアの景気はどうですか?

その答えに、関西人の私は笑顔で「ぼちぼちでんな」と答えたいとおもいます。GDP成長率が昨年の5%から最新の報告で4.5%ほどと確かに鈍化していますが、日本に比べるとなんのその、4.5%ですからね。平和なもんですよ。余裕です。うちのパートナーご夫妻も昨年新車のプジョーとカムリ(トヨタ最高級車)を買ったかと思えば、いま、夫婦で世界一周旅行してます。

 

今日は数字と私の実感を書いてみました。

 

あなたもマレーシアに視察に来ませんか?

 

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

簡単に部屋の中に入れないマレーシアの不動産視察だけではなく、いわば環境視察、ビジネス下見ツアーもミックスし(もしくは不動産なしでも)飲食業者様、美容室オーナー様などの視察にも過去対応させていただいております。

よろしかったらご確認後、こちらからお申し込みください。

 

 

 

 


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ 火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?
もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2016 マレーシア不動産とインターナショナルスクール案内のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top