ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

HOME » ブログトップ » マレーシア, 賃貸後フォロー, 部屋を借りる » 早期退去ペナルティー@マレーシアコンドミニアム(不動産)について
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

早期退去ペナルティー@マレーシアコンドミニアム(不動産)について

 ライター(writer):中野 記世彦 category : マレーシア, 賃貸後フォロー, 部屋を借りる 2014.4.1

最近弊社のお客様で、早期退去を希望されるお客さまが重なりました。

マレーシアコンドミニアム(不動産)早期退去ペナルティーについて (2)

日本ではいつでもペナルティ(罰金)なしで退去できますが、、、

日本では、賃貸不動産を借りれば、年契約なんてものはないので極端な話、明日やっぱり出たい!となってもペナルティーなどは発生しません。

そもそも、日本では入居してすぐに退去するとなってもペナルティー(罰金)はありません。もともとマレーシアや他の外国で一般的な1年契約や2年契約という「最低入居期間のしばり」がありませんので。

マレーシアコンドミニアム(不動産)早期退去ペナルティーについて (1)

ですがマレーシアではそうはいきません。

以前のブログ「Fully Furnished?だから逃げられるマレーシア大家さん」

でも解説したように、マレーシアのコンドミニアムおよび賃貸物件では簡単に借主は引っ越しできるのです。つまりほとんどの物件が家具付きであるため、スーツケース1つで引っ越ししてきて、スーツケースひとつで退去出来ます。ですので、多くの入居者は引越し時大変な荷物となる家具を自分で買わないので「あー、この部屋、出たいなぁ、、、」っと思ったが吉日、すぐに出れます。物理的には、、、、。

 

交渉にも応じて、リクエスト家具も入れたのに、もう出ちゃうの?

ですが、ここはひとつ、オーナー側の立場になってあげてください。「二年、長く住みますからお家賃他、交渉させてね」っと契約書で二年契約という、いわば「約束」しておきながら、さらに時には借主側のリクエストとして新しいテレビを購入してもらったり、浄水器を設置してもらったり、家賃を値引きしてもらったりしておきながら、「やっぱり他の部屋がいいから引っ越ししまーす。ごめんなさーい」ではちょっとオーナー側は可哀想すぎます。オーナーは借主を見つけてきた我々不動産エージェントに、紹介手数料(仲介料)を支払っているわけです。私の立場を若干紹介させてもらえれば、家主様にとっては「安くない手数料を支払ったのにナカノが紹介してきた日本人はすぐ退去する、どういうことなんだ!」となってしまいます、、、。

マレーシアコンドミニアム(不動産)早期退去ペナルティーについて (3)

そういうこともあり、1年なり、2年なりの最低期間を決めて、その期間内は住んでくれることを前提に契約するのです。

 

もちろん借主様も事情があるのです。重々承知してます

では様々な事情があれど早期退去の場合どうなるのか、、、? 1年契約しておいて、1ヶ月だけ住んで、次の月、突然「私、明日、退去します」となりますと通常はまず間違いなく、預けた保証金は没収です。半年ではどうなるか、、、?半年でもだいたい没収です。10ヶ月ぐらいになると、オーナーによっては「事情も事情だからもういいよ(事情による)」と言ってくれる人もいれば保証金は没収!さらに残った2ヶ月分の家賃を払いなさい!となる人もいます。

マレーシアコンドミニアム(不動産)早期退去ペナルティーについて (4)

大家の数だけ契約書の数があるマレーシア賃貸不動産契約書

もちろん契約社会ですので契約書に全てが書かれております。そしてこの契約書(不動産賃貸契約書、 Tenancy Agreement )というのがいわば曲者で、日本のように契約書内の文言がほとんど同じというものでもありません。

契約書に書かれている早期退去条項の確認を

特にこの、早期退去の場合のペナルティーについては本当に千差万別ともうしますか、いかなる理由であっても借主は契約期間を満了すること。もし満了しなかったら保証金は没収した上、残りの家賃を必ず全額耳を揃えて支払うこと!というようなものから早期退去時のペナルティーは特に明記されていないというものまで様々です。この早期退去に関連する契約書条項が契約書の中でも最も重要で最も注意して読む必要があります。

ここで注意していただきたいのは明記されていないからといって早期退去時のペナルティーはない、、、というものではありません。実際に早く出ると決まってから、オーナーは保証金没収だけで済ませるのか、保証金を没収した上で残りの家賃全て支払いを要求するとなるのか、それはオーナー次第となります。いわば交渉です。

残念ながら、皆さん、かならず入居時に保証金は預けています。いわばSecurity Deposit (いわゆる通常保証金、セキュリティデポジット)と、Utility Deposit (水道光熱費保証金、ユーティリティーデポジット)、この2つの保証金はオーナーの手の中にあるわけです。「オーナーが返さない!」と言ったらそれまでです。最終手段は裁判ですが、費用、時間、等現実的ではありませんよね。

 

あなた、いままで引っ越しを繰り返してきましたか?

そこで殆どの場合貸し手側というより借り手側に回る皆さん、よく聞いてください。自分の性格をよく考え、「( 飽きっぽい私が)ほんとうにここで2年契約していいものだろうか、、、」ということなどよくよく考えてから契約なさってくださいませ。

 

と言っても駐在員様は会社の命令でいつ「日本に帰ってきてください」や「●●●●の国に異動してください」などの異動命令がでるか予想できないものです。そんな駐在員さんが自分は2年住むつもりでも会社が数ヶ月目で帰ってきなさいということもあります。ましてや二年契約を終え、さらに自分たちのライフスタイルに合ったお部屋に引っ越した場合、通常2−3年とも言われる駐在員生活がいつおわるかなんて日本本社でもわからないことが多いですね。

 

次回、Expat Clause ( 駐在員退去特約)のご説明を

そのような場合のために、駐在員様の場合は 「Expat Clause ( 駐在員退去特約。エクスパット クロウズと読む)」というものを設定する場合があります。

長くなりましたので Expat Clause についてはまた次回の記事で。

 

最後に。日本でもしょっちゅう引っ越ししていたあなた、、、。契約は無理せず、若干割高でも1年契約にしておきましょう。もしくはまずは短期賃貸

   OneStopResidence

 

でクアラルンプールの住環境をある程度確認してから他の部屋を探すようにしませんか?

 

そんな契約書を日本人&マレーシア目線でチェックするのが弊社の強み

契約書に書かれている英語は法律用語ばかりでTOEIC 920点の私でも難解です。弊社をご利用いただいた皆様には私とともにマレーシア不動産業を30年以上努める私のパートナー、クアさんにも確認してもらい、契約書が借主様に著しく不利な条項などを含んでいないか確認させて頂いておりますのでご安心ください。

クアさん部屋、2つとも貸し出されました

 

では賃貸物件をまずはこちらからお探しくださいませ。

http://nakanopropertymalaysia.com/?page_id=3311/?from=header

 

いつもありがとうございます。

 

 

 


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?

もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

日本からナカノプロパティーマレーシアに物件問い合せお電話をする お問合せフォームを使ってナカノプロパティーのこの記事に関する問い合わせをする

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 あなた用にフルカスタマイズ。マレーシア不動産視察ツアーのご案内

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

ナカノプロパティーマレーシアへようこそWelcome to Nakano Property Malaysia

注目記事Special Feature

直筆、お客様のナマの声をご案内

「進化するページ」マレーシア不動産購入のWIKIを目指します、、

お値段なりの価値のある完全カスタマイズ視察ツアーです

親子で参加。マレーシアインターナショナルスクール視察ツアーのご案内 安心&信頼クアさんのお部屋「Axis」貸し出します

 

マレーシア不動産情報他代表ナカノ(キヨ)のブログ 火曜会おうデーは毎週火曜朝8時から10時までマレーシア不動産についてナカノプロパティーマレーシアの代表者中野記世彦と忌憚ないお話をする朝です

「貸します売ります」募集中。 List your property on our web site


この記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?

もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2014 マレーシア不動産のナカノプロパティ-ブログトップページ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top