ただ今日本に出張中


1月27日(水)まで
日本にいます。
お問い合わせ、緊急連絡は
kiyo4810@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームより
よろしくお願い致します

Home » スバンジャヤ(Subang Jaya,スバン)&ペタリンジャヤ(PJ,Petaling Jaya)

スバンジャヤ(Subang Jaya,スバン)&ペタリンジャヤ(PJ,Petaling Jaya)

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

 

このページでは下記の中から「スバンジャヤ&ペタリンジャヤ」 エリアをご紹介します。



友人を訪ねてスバンへ

(ペタリンジャヤ、PJのゴルフリゾート、日本人学校はこのページ下部にて)

スバンジャヤ、通称スバンに友人を訪ねに行きました。

スバンジャヤ駅看板 KTM Subang Jaya station  スバン駅前は建設ラッシュ。代表的な新興住宅地です

まさにこれからの新興住宅地

あえてローカルな方をフレーム内に収めてみました。駅前向こう側はこのように新築戸建新築ラッシュ

よく見ると左の方は建設中郊外の新興住宅地だからでしょうか、駅前こちら側にはたくさんの新築コンドが連立しています。必ずしも駅前だからといって人気であるというわけでもないなかなか車社会、バイク社会から抜け出せないクアラルンプールにおいてもこれだけのコンドミニアムが駅前に連立しています。

ちょうど建築中の宅地街が駅から見ることができますね  スバンジャヤ駅前の大きなコンドミニアム

Subang は、新興住宅地であり、大学もある学生街であり、その中に高級住宅街もあります

Taylor's College in Subang Jaya スバンは学生街  マクドナルドやスターバックス。活気あふれるマレーシアの近郊都市です

郊外なのに日本人文化が浸透

日本食料理店が多いのもこのエリアの特徴です。それだけ日本人がいるということもありますが、現地の飲食店のオーナー「さくら桜のマーボー大西」さんいわく、いまは日本食がブームを過ぎ、本格的に浸透したので当地の富裕層を主な顧客としていると。さらにこちらのお金持ちのほうが使う金額が桁違いだそうです。

さくら桜のオーナーさんは、ほんとに気さく、肩の力の抜けたマーボー大西さんです  他にも魅力的な日本食料理店がいっぱい。そしてこの値段、、、計算してみて!

 

その奥のエリア、シャーアラム(日系工場他多数工場あり)に勤務する日本人の住宅地でもあります。近くに日本人学校があるので日本人の他、お子様を持つ方に人気のエリアです。中級ショッピングモールにはカルフールも入っており

スバン駅前のカルフールスーパーマーケット  隣接するEmpire shopping mall エンパイアは高級モール

さらに高級ショッピングモールのEmpire もあります。昨年、ショッピングセンターとして賞を受賞した素敵なモールです。こんなものが売ってるぐらいです。

こちらクアラルンプールで神戸牛を販売しているスーパーをはじめてみました  Malaysia Property Award 2011受賞のショピングモールです

そんなスバンの日本人が多く住むエリア

そんなスバンには前述の理由もあり右奥に見えるコンドミニアム群に多くの日本人の方がお住まいです。近くまで歩いてみたところ

スバンの高級コンドミニアム群が奥に見えます  スバン病院裏の高級コンドミニアム街に続く道はGated townでだれでも入れるわけではない

いわゆるGated Areaと呼ばれる地区でその一角にはいるのにもガードマンがいる。そんなセキュリティーのしっかりしたエリアです。(こちらの高級車ばかりなのが見えますか?こちらの外車は日本車を含め、関税の関係でお値段が倍)そのゲート付近で見つけた新規コンドミニアムにプロジェクトのショールーム。

  

価格帯は270,000rmから800,000rmこのタワーAは自社で保有するためよそには売らず

タワーCは二ヶ月前に売り出してこの状態

 

タワーBは三週間前に売り出してこれ。

たまたま覗いたショールームです。経済成長している国、人口ピラミッドが健全な国の羨ましい限りの現実をみました。

 

クアラルンプール日本人学校 (The Japanese School of Kuala Lumpur)

ではここからは隣接するペタリンジャヤ、PJエリアの代表的スポット、多くのみなさんも気になる、日本人学校をご紹介しましょう。

クアラルンプール日本人学校正面玄関  クアラルンプール日本人学校のスクールバスは一味違う。綺麗

まずはクアラルンプール日本人学校から。こちらはペタリンジャヤ(プタリンジャヤ)エリアとスバンエリアの境目辺りに位置する日本人学校です。

守衛さんに案内されようやく中へ  守衛さんのノートにパスポートを提示し、名前その他必要情報を記入する

外から軽く取材させてもらおうかと思っていましたが、私が日本人出会ったこと、お父さん世代であったことで入校を許されたのでしょうか、、、。ですが、パスポート提示、記入、署名等々、厳重なセキュリティーでした。

のどかでゆとりのある敷地のKuala Lumpur Japan school  日本人学校校内の看板。マレーシアらしいですね。

緑豊かな芝生にかこまれた学校。想像以上に大きな敷地、校舎、校庭に驚きました。右はマレーシアの果物を日本語で、紹介する看板。日本人学校らしいですね。

向こうの方に見える子供たち、赤白帽をかぶっています。懐かしいですね。  こちらマレーシアでは、電車内等で通学中の子供がかなり大きめの水筒を持参しているのをよく見かけます

グラウンドでは赤白帽をかぶった子供たちが逆上がりの練習をしています。この学校は、小学部(小学校)が約400人、中学部(中学校)が約200人いるそうです。水筒持参はこちらではよく見る風景で、鉄道に乗ると通学途中の多くの学生は手に水筒を持って登校しています。暑さ対策にはかなりの気を配ってらっしゃるようです

  小学部(小学校)の校舎にはジャングルジムとブランコが

おそらく殆どの日本人が住むコンドミニアムにはプールがありますが、学校のプールの授業は特別でしょう。この青空の中大人の私も泳ぎだしたい気分でした。

右の写真は小学部の校舎とジャングルジム、ブランコです。

中学生、小学生が、昼休み一斉にいろいろな食材の争奪戦を繰り広げていました  昼休みはパン、すし、蕎麦、弁当、ありとあらゆる物が販売されていました

食欲旺盛な中学生のためにしっかりとボリュームのあるお弁当、偏食もいるでしょう、小学生用のためにパン、すし、蕎麦、などなど、いろいろな日本人向け食材が販売されておりました

お子さんが自分の好みだけで偏ったものを選ばないように予約も可能  すしやそばなど充実のクアラルンプール日本人学校の昼食

このセットは予約品。偏食を防ぐため親御さんが指定したものでしょうか。ご覧のように、すしや蕎麦、そうめんらしきものも見えます。大人でも羨ましい昼食です

理科室もあるんですね。普通の日本の大きな学校より充実しているかもです。  中学部(中学校)、マレーシアらしい緑豊かな芝生と校舎

理科室らしき教室。正直、ここまでしっかりした日本人向けの日本の普通の学校だとは想像しておりませんでした。青々とした芝生とそれにピッタリマッチする中学部校舎です。

試食を兼ねて分けていただきました。大人が毎日食べたくなる日本人向けクオリティー  AEON、ジャスコ日系スーパーと提携し、安心です

試食してみました。実に美味しいし、ご覧のように学生価格。現地価格。ありがたい限りですね。AEONさんが納入業者として入っているので納得&安心です。

とにかくセキュリティー、ガードマンは入り口だけで3人います  もちろん入構許可証を胸に。しっかりしたセキュリティー

入構証を返却し、同じくセキュリティーゲートを通り、見学終了。日本人学校の皆様、どうもありがとうございました。生徒さんもみな、いきいき「こんにちは!」っと挨拶してくれて、実に清々しい学校でした。


そんな「スバンジャヤ&ペタリンジャヤ」をご紹介しました。こういうところもっと教えて欲しい、取材して欲しいというご希望ございましたら、下記お問い合わせより遠慮なくご依頼くださいませ。今ならまだ時間の余裕がございます。

お問い合わせはこちらからお気軽に Inquiry from here

件名
Subject
お名前 (必須)
Your Name
メールアドレス (必須)
Your email
マレーシアの携帯電話番号
(旅行者でも簡単にプリペイドを持てます。持つことを強くお薦めします)
もしなければ日本の携帯電話番号)
お問い合わせ内容はこちらへ(必須) inquiry here
Massege
【ブログ読者様へのお願い】

さらなるブログ記事充実のためこの問い合わせ、質問とそれへの私の回答をページ上で公開することを許可していただけませんか?

もちろん個人情報が分かる内容には一切致しません。

 ページ上での質問と回答の公開を許可します ページ上での質問と回答の公開を許可しません

.

この記事、この物件が「いいね」する価値がございましたら清き「いいね」他、よろしくお願い致します。
いつも応援、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ
ページトップへ戻る
Copyright(c) 2012 マレーシア不動産のナカノプロパティ All Rights Reserved. by Kiyo Nakano
Top